2017年7月27日木曜日

【経営戦略論を活かした事業性評価】

8月17日(木)午前9時30分から「【Excel演習】経営戦略論を活かした事業性評価」をテーマにセミナーを開催します。
講師は、内外の金融機関で20年以上にわたって企業価値評価や資産運用業務に携わってこられた名古屋商科大学・同大学院教授の小林武先生です。
今回のセミナーでは、企業の競争優位を分析する経営戦略論に基づいた事業性の評価方法について、経営戦略を数値化するエクセル・スキルを3時間で学び体得していたたきます。

小林 武氏(名古屋商科大学経済学部・同大学院マネジメント研究科 教授)
8月17日(木)9:30~12:30 ¥34,500
【Excel演習 パソコン貸与、サンプル・ファイルは持ち帰って使えます】
経営戦略論を活かした事業性評価
~企業の業績予測や経営戦略を数値化する方法を3時間で習得~ 

1.経営戦略分析のためのフレームワーク
2.企業価値評価の基礎
3.5フォース分析  他
http://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/291551m.html

2017年7月25日火曜日

「リースの法務会計税務の勘所」セミナーに参加して

演題:リースの法務会計税務の勘所~先端のリース取引やIFRSも踏まえて~

講師:井上 雅彦 氏
有限責任監査法人トーマツ パートナー 公認会計士

日時:平成29年7月18日 午後1時00分~午後4時00分

http://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/291345m.html


今回のセミナーでは、リース実務において知っておくべきポイントを会計や税務などの観点から学ぶことができました。初めにファイナンスリースとオペレーティングリースの違いを詳しくご解説いただけたので、その後の内容もすんなりと頭に入ってきました。後半では会計の国際基準であるIFRSを導入することの日本の会計への影響や注意するべきことについて別個の資料と併せて聞くことができました。講義資料にはフローチャートや図が多く記載されており、非常に分かりやすいセミナーでした。
                                           インターン  法学部3年

【働き方改革、わが社の実行計画策定・演習】

8月9日(水)午後2時00分から「働き方改革、わが社の実行計画策定・演習」をテーマにセミナーを開催します。
講師は、グローバルトレーニング・トレーナーの山口博氏にお願いしました。

セミナーでは、自社にとって最適な働き方改革のアクションプランを策定することを目的に、自社実行計画の策定の演習を通じて皆様に実践的に学んでいただきます。
演習で用いたテンプレート・ファイルは持ち帰って実際に使えます。

山口 博氏(グローバルトレーニング トレーナー 人事・人材開発・組織開発コンサルタント)
8月9日(水)14:00~17:00 ¥34,600
働き方改革、わが社の実行計画策定・演習
~テンプレート・ファイルで演習、ファイルは持ち帰って使えます~
 
1 「働き方改革実行計画」の全体像
2 「働き方改革実行計画」の自社展開におけるポイント
3 働き方改革・生産性向上、自社実行計画の骨子  他 
http://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/291507m.html

2017年7月24日月曜日

【第二種金融商品取引業のコンプライアンス】

8月9日(水)午後1時00分から、「第二種金融商品取引業のコンプライアンス~信託受益権取引を中心に~」のテーマでセミナーを開催いたします。
 講師は、元証券取引等監視委員会専門検査官で現在は岩田合同法律事務所パートナーの鈴木正人弁護士です。

 セミナーではこれらの最新情報や法改正を踏まえ、信託受益権取引を行う第二種金融商品取引業者の皆様に向けて、まず始めに金融商品取引法上の態勢整備の留意点を説明します。



 鈴木正人氏(岩田合同法律事務所 弁護士 (元)金融庁・証券取引等監視委員会事務局証券検査課 課長補佐、専門検査官)
8月9日(水)13:00~16:00 ¥34,700
第二種金融商品取引業のコンプライアンス~信託受益権取引を中心に~

1.第二種金融商品取引業の概要、金商法上の態勢整備の留意点
   (信託受益権取引を中心に)
2.その他留意すべき規制・裁判例(信託受益権取引を中心に)
3.第二種金融商品取引業者・特例業務届出者に係る近時の処分・指摘事例
4.証券モニタリング基本指針の改正を踏まえた検査・監督の手続、留意点
http://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/291502m.html

2017年7月21日金曜日

【データの保護と活用の最新論点】

8月8日(火)午後1時00分~午後4時00分「データの保護と活用の最新論点」~国内外のデータの保護を巡る最新論点を横断的に整理~のテーマでセミナーを開催します。
 講師は、知的財産、IT、データ保護、国際取引等の取り扱いに精通しているTMI総合法律事務所パートナー弁護士 波田野晴朗氏にお願いしました。

 セミナーでは、急速に進むデータの保護と活用に関する法制度の在り方に関して議論を多面的にフォローするための一助となるべく、国内外でのデータの保護と活用に係る最新の議論を横断的に整理し、解説します。



 波田野晴朗氏(TMI総合法律事務所 パートナー 弁護士)
8月8日(火)13:00~16:00 ¥34,800
データの保護と活用の最新論点
~国内外のデータの保護を巡る最新論点を横断的に整理~

1.データの保護と活用
2.データの保護と活用に関する現行法(従前の議論の整理)
3.近時の議論
4.海外での議論 
http://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/291493m.html

2017年7月20日木曜日

【RAF(リスク・アペタイト・フレームワーク)の構築・運用・評価】

8月7日(月)午後2時00分から「RAF(リスク・アペタイト・フレームワーク)の構築・運用・評価」
をテーマにセミナーを開催致します。
 講師は、長年にわたり大手金融機関、証券会社で、法人営業・資金為替・金融商品開発・財務(運用・企画)等の部門で実務を経験されてこられ、現在はアビームコンサルティング(株)金融・社会インフラビジネスユニットのシニアエキスパートの浜田陽二氏にお願いしました。

本セミナーでは、リスクガバナンス、リスク管理の高度化、業務計画の精緻化のために、新たに導入されるべきRAFとその下での収益計画の遂行と評価について、浜田氏が分かりやすく運営実務まで含めて具体的に解説します。



鈴木正人氏(岩田合同法律事務所 弁護士 (元)金融庁・証券取引等監視委員会事務局証券検査課 課長補佐、専門検査官)
8月7日(月)14:00~17:00 ¥35,200
RAF(リスク アペタイト フレーム)の構築・運用・評価
~金融機関の経営の抜本改革を加速・定着させる有用な管理手法~
1.RAF態勢の全体感
2.RAF態勢構築検討と課題認識
3.課題解決とRAFの有効性向上に向けて
~質疑応答~
http://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/291487m.html

【Python3ではじめるシステムトレード】

8月5日(土)午前9時30分から午後7時00分までシンガポールのファンド運用会社Quasars22 Private Limited(Singapore)Directorで中央大学商学研究科兼任講師の森谷博之氏を講師にお迎えして「Python3ではじめるシステムトレード(Python入門編)」というテーマでセミナーを開催いたします。
 
 セミナーでは、システムトレーダーにとって必須のプログラム言語Pythonを用いて、午前の部では、Pythonの言語としての特徴、ダウンロード及びインストールの仕方を説明します。 午後の部では、PCにPythonがインストールされていることを前提にシステム投資に必要な基礎知識、トレード戦略の構築法、トレードパフォーマンスの評価手法等をPythonを用いて学習していきます。
森谷博之氏(Quasars22 Private Limited (Singapore) Director,MBA,MBA,
MSc,中央大学商学研究科兼任講師、中央大学企業研究所客員研究員)

8月5日(土)9:30~12:30 ¥28,000
Python3ではじめるシステムトレード
◇セミナーは午前と午後の部に分かれています。午前午後の両講座の同時お申し込みの場合は
49800円の特別料金となります。◇
 
午前の部(Python入門編)
1.Pythonの歴史
2.Anaconda 4.4.0のインストール
3.各種ライブラリをインストール  他  
http://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/291478m.html
 
8月5日(土)13:30~19:00 ¥35,000
午後の1部:13:30-16:30
1.Pandas(Series)の使い方
2.Pandas(DataFrame)の使い方
3.テクニカル指標の作成  他
   
午後の2部:17:00-19:00
演習:マネーマネジメントは必要か? 
http://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/291479m.html

2017年7月19日水曜日

【DCF法による企業評価】

8月4日(金)午後1時00分から午後5時00分まで、M&Aにおける企業評価の中で最も一般的な評価方法である「DCF法」に焦点を当て、「~エクセルで理解する~ DCF法による企業評価」
のテーマでセミナーを開催します。
講師は、かつて大手監査法人で企業価値評価を専門に担当されました、東京M&Aサービス株式会社 取締役 公認会計士 枡谷克悦先生です。
 
全体を通して、エクセルによる計算式を皆様と一緒に確認しながら、4時間をかけて講義を進めます。演習用のパソコンは主催者が準備し、教材として使用するエクセルファイル(CD)はお持ち帰りできます。

枡谷克悦氏(東京M&Aサービス株式会社 取締役 公認会計士)
8月4日(金)13:00~17:00 ¥35,000
~エクセルで理解する~
DCF法による企業評価
 
■ 企業価値の概念、評価方法の概要
■ DCF法の計算構造と算定プロセス
■ 事業計画の作成、デューデリジェンスの反映   他
http://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/291473m.html

【外国人中国就労許可制度の変更及び近時の中国における人事労務問題】

8月4日(金)午前9時30分から「外国人中国就労許可制度の変更及び近時の中国における人事労務問題」をテーマにセミナーを開催します。
講師には、杜若経営法律事務所パートナーの向井蘭弁護士にお願いしました。

セミナーでは、新外国人就労許可制度をはじめ、近時の現地労働問題に焦点を当て実務対応について向井弁護士が具体的に解説します。

向井 蘭氏(杜若経営法律事務所 パートナー弁護士)
8月4日(金)9:30~12:30 ¥34,800
外国人中国就労許可制度の変更及び近時の中国における人事労務問題
~事業所再編に伴う人員削減等~

1. 外国人就労許可制度改革
2. 外国人就労許可制度が日系企業に与える影響について
3. 事業所再編に伴う人員削減
4. 近時の労働問題       
http://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/291471m.html

2017年7月18日火曜日

【海外子会社の法務リスクマネジメント着眼点と対応策】

8月3日(木)午後1時00分~午後4時00分「海外子会社の法務リスクマネジメント着眼点と対応策」~グローバル規制(贈収賄・カルテル)のケーススタディを踏まえて~のテーマでセミナーを開催します。
  講師は、国内外のM&A・投資案件、国際商取引、国内外の不祥事・紛争処理対応に詳しい、山下総合法律事務所弁護士 ニューヨーク州弁護士 山下聖志氏にお願いしました。
  本セミナーでは、「グループ内部統制」の考え方を会社法の改正の趣旨及び実践的なアプローチの両方の観点からしっかりと押さえつつ、グローバル規制である「贈収賄」と「カルテル」を題材に、ケーススタディを踏まえ、海外子会社の法務リスクマネジメントの着眼点と対応策のあり方を具体的にかつ分かりやすく解説していただきます。


 
山下聖志氏(山下総合法律事務所 弁護士ニューヨーク州弁護士)
8月3日(木)13:00~16:00 ¥34,600
海外子会社の法務リスクマネジメント着眼点と対応策~グローバル規制(贈収賄・カルテル)のケーススタディを踏まえて~

1.現在海外で問題となっている法務リスク
2.グループ内部統制の考え方
3.贈収賄リスクへの対応(各論その1)
  
http://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/291463m.html

「民法改正によるメーカー取引への影響と実務対応」セミナーに参加して

演題:民法改正によるメーカー取引への影響と実務対応~契約の締結と管理における必須対応をケーススタディー方式で解説~

講師:大櫛 健一 氏 
岩田合同法律事務所 弁護士

講師:山田 康平氏
岩田合同法律事務所 弁護士

日時:平成29年7月11日 午後1時00分~午後4時00分

http://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/291303m.html

約120年ぶりの民法改正の対象は広く、多岐にわたっています。今回のセミナーでは、改正の影響と具体的な実務の対応策について、図やイラスト、個別のケースなどと併せて学ぶことができました。第1部では契約締結上の留意点、特に売買における契約不適合責任、第2部では契約・債権管理上の留意点についての解説がなされました。受講者の方からは個人根保証や定型約款の合意擬制など、いくつもの質問が出て非常に活発なセミナー内容となっていました。
                                                             インターン 法学部3年

【【Excel演習】Excelで学ぶ信用リスク定量分析の基礎】

8月3日(木)午前9時30分から「【Excel演習】Excelで学ぶ信用リスク定量分析の基礎」
をテーマにセミナーを開催します。
 講師は、内外の金融機関で20年以上にわたって企業価値評価や資産運用業務に携わってこられた名古屋商科大学・同大学院教授の小林武先生です。
 毎回好評をいただいております小林先生のエクセル講座ですが、今回のセミナーでは、必須知識となっている信用リスク定量分析の基本的手法を3時間で学んでいただきます。


 
小林 武氏(名古屋商科大学経済学部・同大学院マネジメント研究科 教授)
8月3日(木)9:30~12:30 ¥34,300
【Excel演習 パソコン貸与、サンプル・ファイルは持ち帰って使えます】
Excelで学ぶ信用リスク定量分析の基礎 ~信用リスクマネジメントの基本を3時間で習得~
◇午前午後の両講座の同時お申し込みで午後の講座が29000円に割引となります◇
  
1.信用リスク関連商品(社債、ローン、CDS、証券化商品)のリスク特性
2.金融機関の業務とクレジットリスク
3.信用リスクモデリングに必要な諸概念の説明
4.信用リスクのある債権の評価
  ~質疑応答~
  
http://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/291461m.html

フォロワー