2017年2月24日金曜日

【改正個人情報保護法に基づく諸規定の作成・改訂例】

 3月10日(金)午後2時00分から「改正個人情報保護法に基づく諸規定の作成・改訂例」をテーマにセミナーを開催します。
 講師は、弁護士法人三宅法律事務所東京事務所パートナーの渡邉雅之弁護士です。

 セミナーでは、個人情報取扱規程をどう作り変えなければならないか、事業者が態勢固めをするために必要な実務、現在知るべき最新の情報をパッケージでお届けするために、渡邉雅之弁護士が具体的に解説します。

渡邉雅之氏 (弁護士法人 三宅法律事務所 パートナー弁護士)
3月10日(金)14:00~17:00 ¥34,900
改正個人情報保護法に基づく諸規定の作成・改訂例
~政令案・委員会規則案・ガイドライン案のパブコメ結果が公表!! これらの内容について詳細解説をすると共に、ガイドラインに  基づく個人情報取扱規程(一般事業者用・中小規模事業者用)  ・匿名加工情報取扱規程・外国の第三者への提供に  関する委託契約書等の雛形も提示いたします。~
  1 改正の背景・全面施行日(平成29年5月30日)
  2 改正法の詳細解説
  3 ガイドラインに基づく規程案の整備についての詳細解説
  
http://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/290477m.html

【職務発明規程の改訂による一括払い方式の導入と遡及適用の実務】

 3月10日(金)午後1時30分から「職務発明規定の改訂による一括払い方式の導入と遡及適用の実務」をテーマにセミナーを開催します。
 講師には、TH弁護士法人の高橋淳弁護士・弁理士にお願いしました。
 
  セミナーでは、職務発明規定の変更など企業が対応しなければならない実務上のポイントについて、一括払い方式の導入や退職者や出向者への対応、遡及適用の実務まで含めて、これから何がどこまで必要か高橋弁護士が実際な問題点を具体的に解説します。
髙橋 淳氏(TH弁護士法人 弁護士 弁理士)
3月10日(金)13:30~16:30 ¥34,700
職務発明規程の改訂による一括払い方式の導入と遡及適用の実務
~実績補償方式廃止の合理性確保のポイントから退職者対応等まで~
  1.現行特許法35条の内容及び制定経緯
  2.原始帰属化に伴う問題
  3.実績補償方式から一括払い方式への変更  他 
http://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/290475m.html

2017年2月23日木曜日

【監査役・監査(等)委員監査の法と実務】

 3月9日(木)午後2時00分~午後5時00分「監査役・監査(等)委員監査の法と実務」~期末監査・総会対応を中心に~のテーマでセミナーを開催します。
 講師には、企業実務経験が豊富な元・新日本製鐵(株) 部長、獨協大学法科大学院高橋均教授にお願いしました。監査役や監査(等)委員監査の法と実務の要諦について、明快かつ分かりやすく解説をして頂きます。

 監査役・監査(等)委員やそのスタッフの皆さんのみならず、グループ会社の監査役等の対応をしている関連会社部門、監査役との連携がある内部監査部門や総務・企画等のコーポレート部門の方にとって有益な内容となっています。
※監査役とは異なる監査(等)委員としての実務対応については、該当箇所で個別に言及致します。

高橋 均氏(獨協大学法科大学院 教授 (元・新日本製鐵(株) 部長))
3月9日(木)14:00~17:00 ¥38,000
監査役・監査(等)委員監査の法と実務
~期末監査・総会対応を中心に~
1.期末監査実務
2.定時株主総会対応
3.期初実務
http://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/290467m.html

2017年2月22日水曜日

【親事業者のための「下請かけこみ寺」対応策】

  3月8日(水)午後2時00分から「親事業者のための「下請かけこみ寺」対応策」をテーマにセミナーを開催します。
 講師は、当分野の第一人者である森・濱田松本法律事務所の玉木昭久弁護士にお願いしました。
 
 今回は、親事業者の皆さんを対象に「下請かけこみ寺」対応策として、独禁法と下請法の基本と正しい勘所を体感・体得していただくために、実務経験豊富な玉木弁護士が理解が進むクイズを
交えて具体的に解説します。

玉木昭久氏(森・濱田松本法律事務所 弁護士)
3月8日(水)14:00~17:00 ¥35,200
親事業者のための「下請かけこみ寺」対応策
~独禁法と下請法の基本と勘所を体感・体得~
1. 独禁法と下請法の位置付け
2. 下請法に違反すると大きなダメージ!
3. 下請法のあらまし 
http://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/290457m.html

2017年2月21日火曜日

【IR推進法(カジノ等推進法)下でのIR施設の法的な検討】

 当社では、3月7日(火)午後1時30分から「IR推進法(カジノ等推進法)下でのIR施設の法的な検討」のテーマで、セミナーを開催いたします。
 講師は、アンダーソン・毛利・友常法律事務所 パートナー 伊藤哲哉弁護士です。
 伊藤先生は、不動産や組合契約が専門であり、本セミナーでは専門家の立場からカジノ施設の設置・運営に関する法的な論点を詳しく解説していただきます。

伊藤哲哉氏(アンダーソン・毛利・友常法律事務所 パートナー弁護士) 
3月7日(火)13:30~16:30 ¥34,900
IR推進法(カジノ等推進法)下でのIR施設の法的な検討
1. IR推進法の経緯と内容
2. 地域、事業者、カジノ管理委員会
3. 投資ストラクチャ-
4. 弊害の除去、公営競技等との関係
http://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/290445m.html

【M&A法務デューディリジェンスのチェックポイントと契約への反映《実践演習編》】

 3月7日(火)午後1時00分~午後4時00分「M&A法務デューディリジェンスのチェックポイントと契約への反映」【実践演習編】のテーマでセミナーを開催します。
 講師は、M&A法務に詳しい西村あさひ法律事務所弁護士 石川智也氏にお願いしました。
 
 M&A法務デューディリジェンスに更なる理解を深めたい方、今後の交渉・契約に役立てたい方にお勧めの実践的なセミナーとなっています。 
石川智也氏(西村あさひ法律事務所 弁護士)
3月7日(火)13:00~16:00 ¥34,700
M&A法務デューディリジェンスのチェックポイントと契約への反映【実践演習編】
1.M&A契約の構造・条項の概説
2.ケーススタディ
 以下の論点などを含む事例問題をベースに、法務DDにおける方針を検討するとともに、M&A契約を実際に修正するケーススタディを行う予定です。
http://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/290443m.html

2017年2月20日月曜日

【増大する輸出管理リスクへの対応】

 3月6日(月)午後2時00分から「増大する輸出管理リスクへの対応」をテーマにセミナーを開催します。
 講師は、当分野の第一人者である森・濱田松本法律事務所の玉木昭久弁護士にお願いしました。
 
 毎回好評の第9回セミナーとなるわけですが、違反ともなれば多大な代償を覚悟するしかない輸出管理の実務的リスクに関して、実際にどのように実務として対応したらよいか玉木弁護士が具体的に解説します。

玉木昭久氏(森・濱田松本法律事務所 弁護士)
3月6日(月)14:00~17:00 ¥34,800
増大する輸出管理リスクへの対応
~「防衛装備移転三原則」等の制定と国際研究開発をはじめ、外為法による日米の安全保障貿易管理の動向を踏まえ、企業防衛のノウハウを伝授~
1.安全保障貿易管理の目的
2.国際的な輸出管理の4つの枠組み
3.日本の安全保障貿易管理制度の枠組み  他
  
http://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/290437m.html

2017年2月17日金曜日

【《Excel演習》 経営戦略論を活かした事業性評価】

 3月3日(金)午後2時00分から「【Excel演習】経営戦略論を活かした事業性評価」をテーマにセミナーを開催します。
 講師は、内外の金融機関で20年以上にわたって企業価値評価や資産運用業務に携わってこられた名古屋商科大学・同大学院教授の小林武先生です。
 
  セミナーでは、企業の競争優位を分析する経営戦略論に基づいた事業性の評価方法について、経営戦略を数値化するエクセル・スキルを3時間で体得していたたきます。

小林 武氏(名古屋商科大学経済学部・同大学院マネジメント研究科 教授)
3月3日(金)14:00~17:00 ¥34,400
【Excel演習 パソコン貸与、サンプル・ファイルは持ち帰って使えます】
経営戦略論を活かした事業性評価
~企業の業績予測や経営戦略を数値化する方法を3時間で習得~
1.経営戦略分析のためのフレームワーク
2.企業価値評価の基礎
3.5フォース分析   他
http://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/290427m.html

【《初の課徴金納付命令の公表を受け》事例で学ぶ表示・景品の規制動向と企業におけるコンプライアンス】

3月3日(金)午後1時00分から「【初の課徴金納付命令の公表を受け】事例で学ぶ表示・景品の規制動向と企業におけるコンプライアンス ~初の不当表示への課徴金事案を踏まえた企業の対応~」というテーマでセミナーを開催します。
 講師は弁護士法人北浜法律事務所 東京事務所 パートナー弁護士である籔内 俊輔先生にお願いしました。
 
 セミナーでは、景品表示法に関連する事案の対応経験が豊富な講師が、消費者庁等の規制当局が不当表示の事例に対してどのような手順、手法で調査・処分を行っており、企業としてはどのように対応すべきかを、仮想事例を用いて具体的に説明します。課徴金制度についても、課徴金の減免を受けるための要件、メリット・デメリットを踏まえて、事案における対応上の留意点を解説します。
籔内俊輔氏(弁護士法人北浜法律事務所 東京事務所 パートナー弁護士)
3月3日(金)13:00~16:00 ¥35,100
 【初の課徴金納付命令の公表を受け】
 事例で学ぶ表示・景品の規制動向と企業におけるコンプライアンス
 ~初の不当表示への課徴金事案を踏まえた企業の対応~
1 景品表示法における不当表示・過大景品規制及び課徴金制度の概要
2 消費者庁等による調査の流れ及び行政処分等の「内容や手続
3 規制当局の調査を受けた場合の企業側の対応を仮想事例に基づき解説
4 平時における未然予防と危機対応の準備の具体的方策http://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/290423m.html

2017年2月16日木曜日

【内部通報・ホットライン担当者が知りたい制度運用における具体的対応ノウハウ】

 当社では3月2日(木)午後1時00分から、「内部通報・ホットライン担当者が知りたい制度運用における具体的対応ノウハウ」のテーマでセミナーを開催し、皆様の会社の問題解決のために、多方面からの事例を用いて詳細解説をいたします。
 講師は、企業統治・内部通報制度で多数の案件に関与されました田島・寺西法律事務所 田島正広弁護士と、内部通報外部通報窓口の通報受付・調査対応・制度の見直し等を専門指導するフェアリンクスコンサルティング株式会社コンサルタント渡辺健一先生にお願いいたしております。
 
 日頃、通報対応等についてお悩みの方、専門家の意見を聞きたい方等は是非ご参加ください。

田島正広氏(田島・寺西法律事務所 弁護士)
渡辺健一氏(フェアリンクスコンサルティング株式会社 コンサルタント)

3月2日(木)13:00~16:00 ¥35,000
内部通報・ホットライン担当者が知りたい制度運用における具体的対応ノウハウ
~実務に精通した弁護士・社外窓口担当者が具体的なケースに基づきQ&A形式で解説~
1.「公益通報者保護法を踏まえた内部通報制度の整備・運用に関する民間事業者向けガイドライン」改正のポイントと対処上の留意点
2.コンプライアンスと内部通報制度
3.こんなときはどうする、ケース毎における対応ノウハウ
  
http://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/290413m.html

【国際M&Aのダイナミズムと交渉のツボ】

 3月2日(木)午前9時30分から「国際M&Aのダイナミズムと交渉のツボ  ~国際M&Aで失敗しないノウハウ、欧米とアジア新興国におけるアプローチの相違を比較論的観点から解説~」というテーマでセミナーを開催します。
 講師はアンダーソン・毛利・友常法律事務所 パートナー 弁護士・ニューヨーク州弁護士 鼎博之先生にお願いしています。鼎先生は30年余に及ぶクロスボーダーM&Aのご経験をお持ちで、またヤマトホールデイングス株式会社社外監査役を務められるなど実務経験豊富な方です。
 
  セミナーでは、講師の30年余に及ぶクロスボーダーM&Aのご経験をもとに、国際M&Aのダイナミズムと交渉のツボ、海外法律事務所や会計事務所、FAの選択のコツなど、国際M&Aで失敗しないノウハウを提供。していただきます。
鼎 博之氏(アンダーソン・毛利・友常法律事務所 パートナー弁護士 ・ ニューヨーク州弁護士)
3月2日(木)9:30~12:30 ¥34,900
国際M&Aのダイナミズムと交渉のツボ
~国際M&Aで失敗しないノウハウ、欧米とアジア新興国におけるアプローチの相違を比較論的観点から解説~
1.はじめに ~国際M&Aのダイナミズムと交渉のツボ
2.交渉相手のアイデンティティ
3.海外法律事務所や会計事務所、FAの選択のコツ  他 
http://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/290411m.html

フォロワー